適切に処分するために|便利な不用品は業者にお任せ|買取も可能な不用品回収
男女

便利な不用品は業者にお任せ|買取も可能な不用品回収

適切に処分するために

船

まずは見積もり依頼を

小型船舶の主な原材料であるFRPはプラスチックの中にガラス繊維を入れた材料で、船の強度を高める働きをしています。強度の高いFRP船は破砕することが困難であるとともに、大きさもあるため不法投棄が大変増加していました。このような背景からFRP船はリサイクルすることが義務化され、適切な船舶解体業者に依頼して適切に処分を行ってもらう必要があります。船舶解体が義務化されたことによって解体業者へのニーズはどんどん高まっており、業者側も無料での見積もりなどサービスを充実させています。中には船舶を買い取ってくれる業者や、無料で引き取ってくれる業者も見られ大変注目を集めています。いずれにしても処分に困っている方は、無料で見積もりを行う業者をいくつかピックアップし、最安値で処分してくれる業者を選択しましょう。

解体業者の選び方

船舶解体は見積もりを経ての申し込み、その後の搬送と解体によるリサイクル、最後の各種手続きというのが主な流れです。このように申し込み後は、廃船を解体業者の作業場まで移動しなければなりませんから、移動費用がかかることになります。原則として、移動にかかる費用は距離に応じて増えていきますから、廃船の現在地から近い業者を選ぶことが基本となるでしょう。また業者によっては所有登録抹消などの手続きのサポートを行うところもありますから、必要な方は確認を取っておくと良いでしょう。なお、各都道府県にはFRP船リサイクルの登録販売店が設置されており、公的団体である日本マリン事業協会や都道府県のホームページで確認することができます。船舶解体業者の選択に困った場合には、これらのホームページで確認したり、自治体に電話で問い合わせてみるなどの手続きを行いましょう。